DELLが音楽プレイヤーを販売したら買う?

パソコン世界シェア第3位のDELLが音楽プレイヤーを販売したらあなたは購入しますか?
僕だったらたぶん買わないでしょう。皆さんはいかがでしょうか?
ちなみに既に販売されているのです。知りませんでした。

Dell Digital Jukebox
imgres

では何故これほどまでにマイナーなのでしょうか?(関係者の方ごめんなさい)

アップルのiPodといえば今では誰もが知っていますが、アップルもコンピューター会社なのです。その違いは何か?
それは販売する順序が全く逆だと言う事です。

「革新的な製品・サービスで革命を起こし続ける」

この理念を掲げているのはアップル、DELLのどちらだと思いますか?
正解はアップルです。

アップルはパソコンを売るという前に「また何か新しい物を創ったのではないのか?」と期待させる所からはじめ「どのような製品」なのかを説明し「機能」を発表しているのです。
大抵の会社は違いますよね。
「新製品!」「〜機能搭載」などといった製品を先に発表します。

今やアップル製品が欲しいというユーザーは多いのではないでしょうか?アップルがもしも革新的な車を発売するとなれば・・・きっと僕は欲しくなるでしょう。そんな感じです。

僕たち理美容室も同じだと思うのです。
株式会社ビットがまた何かやりそうだ。という期待を持ってもらうためには「株式会社ビットは何を売る会社なのか」という事をもっと明確にする必要があるのだと思っています。
「今よりも半歩前進」これが僕の思っているお客様に対する考え方です。日頃のライフスタイルをがらっと変化させるのではなく、今よりも少し変化をしていく。その繰り返しが大きな変化になっていく。
スタイリング剤をつけないお客様がスタイリングに興味をもつ。
適当にドライしている人であればドライヤーの持ち方を教えてあげる。
これがヘアーズビットの強み。
お客様は知りたいのではなくて出来るようになりたいのではないでしょうか?
何かあれば株式会社ビットに行こう。こんな言葉をたくさん聞ける日を目指して頑張ります。

株式会社ビットが居酒屋を出したらどう思いますか?
楽しそうでしょ???