苦手を克服

苦手な人や物・事など人それぞれ違うと思う。
さてその苦手をどのように克服するのでしょうか?僕なりの考えはこうだ。

とにかくズームして細分化して直視できる所まで見ていく。
ただそれだけ。本当にこんなことで苦手意識が薄れていくから不思議ですよ。

じつは僕は経営者なのに数字(特に金銭管理)が非常に苦手なのです。苦手な事に対してどうしてしまうのかを簡単にまとめてみるとこんな感じ。

・帳簿をつけてもすぐにやめてしまう。
・財布の中にいくら入っているのか理解していない。
・予算の中で買い物が出来ず欲しい物を買ってしまう。
・百円単位をお金だと感じていない。
・ネットショッピングを買い物だと思っていない

などこうしてみてみると恐ろしいことばかりです。
今はそんな事ありませんがよくいままで破産しなかったか不思議です。

ではどのように改善していくのか?

帳簿を見るのが嫌と思っている自分だけど、帳簿を開き書いてある事をひとつひとつ細かく見ていくのです。

するとだんだん言葉と数字だけにしか見えなくなるのです。

最初のうちは無意識に目をそらしてしまう。それはきっと無駄遣いしている自分に後ろめたさを感じているからなのでしょう。財布の中からレシーを取り出し、何を買ったのかを見る。そこに書いてある数字を転記していく。
こんなことは小学生でも出来る事なのです。こんな単純な事をなぜ出来ないのだろう?とおもったらしめたもの。
いつのまにか苦手意識が薄れていき、何に対して苦手なのかがわかってきます。

パソコンが苦手という人も同じだと思いませんか?苦手だからやろうとしない。やらないから苦手。

何ができるのか?をよくよくみていけば、キーを叩くかマウスを動かすかしかないのです。
あとは便利につかう方法をひとつひとつ知っていけばいいだけ。

苦手な人に対しても同じですよね。よーく見ていき、話をひとつひとつ聞いていくうちにだんだんと薄れていきます。しかし相手は人間。きっと苦手な相手も自分の事を苦手だと思っていると思います。ゆっくりと時間をかけて理解に努めるともしかしたら誰よりも深い関係になるのかもしれません。