安定経営

株式会社ビットの目的は「私たちは株式会社ビットにかかわった人々に喜びを与え幸せを共有していきます」です。これは社員に一番最初に覚えてもらうもので、社員としての指針です。

先日銀行の方とお話をさせていただいたのですが今のご時世ではどこもかしこも景気が良くないそうです。特に川口近辺の工業地帯では会社をたたむ姿も多いとか。いわゆる職人の町が中国をはじめとした海外との価格競争に巻き込まれ景気は悪化をたどる一方だそうです。
美容業界も価格破壊が目立ち「正規の技術料」=「高い」と印象づけられています。
お客様目線でいえば「安い」はとても魅力的ですが技術者目線からすれが「技術の安売り」となってしまいモチベーションの低下につながっています。
美容師を目指す若者が激減しているなか美容室は増え続けています。ちょっと考えればわかる事でしょうがお店を出店させるにはそれだけコストがかかるのです。借金をして経営が成り立たなければ負債を背負ってしまうのです。
安月給でも頑張れて来れたのは「いつか自分のお店をもつ」という夢があったからです。しかし今はその夢すら見る事が難しくなっている時代になっています。

お客様との関係作りとは技術以外に人間関係で成り立っているのではないでしょうか?

毎晩遅くまで練習をして技術向上に励む姿は巷でもよく見かけますが人間関係を築くためのトレーニングは現場を通じて「慣れる」という風潮があるようですがこれは大きな間違いだと思います。
人間関係なんて一言ではとても表す事ができません。
相手をみて自分をみてどのような関係にしていくのかを常に観察する必要があります。

目の前の利益だけを見てしまえばあれもこれもお客様に買ってもらうために必死になれば良いと思いますがそれではお客様は嫌気がさしてしまいます。僕たちは髪の毛のプロ。
お客様のライフスタイルを見極めて必要かどうなのかを判断することが必要だと信じています。
お客様の為に仕事を提供する事は決して多くの利益が生まれる訳ではありませんが、お客様が永きにわたってご来店していただく事で安定した経営を手に入れる事が出来るのではないでしょうか。

とてもありがたい事ですがヘアーズビットには遠方からご来店される方も非常に多いのです。
カルテを見ているとその数驚きます。
引っ越してもご来店されるのです。遠い方だと新潟からわざわざお越しになります。東京、神奈川、千葉などをはじめ市外の引っ越されてもまたご来店頂ける。いったい何軒の美容室を通り越してきていただいているのでしょうか。

皆が応援してくださるヘアーズビット。こんなやり方をその銀行の方は高く評価してくださいました。
目の前のお客様にたいして一生懸命コツコツと。いまはその地道な道のりです。
しかし僕にはもっとやりたい大きな夢があります。
その夢に向かって今は力を蓄えています。

この夢がかなうとき美容業界は輝きを取り戻すでしょう。