変化するのは怖いものさ

何か新しい事を始める時に必要なスキルってたくさんあると思いますが僕が1番大切にしてることはピュアな気持ちです。
imgres
過去のしがらみや自分の立場、周囲の意見などにとらわれずやりたい事をピュアに受け入れる。
頭の中で妄想を膨らませ、既に体験しているくらいリアルに妄想する。妄想の中ではあり得ない事でも可能になる。
現実に落としこむのはその後の作業。
妄想を他人に語ったところで変な人とレッテルを貼られるだけ。
説得させるための材料を集めて初めて共有する事ができる。あとは行動しながら改善点を見つけていく。

ただ、なかなか新しいアイデアを出すのは難しい。僕の出し方はいたって簡単。
何をしたいのかを決める。
何が出来たら達成なのかを決める。
あとは思いつくままに本を読んだりテレビをみたりラジオを聞いたりする。
思いついた人に電話するのもいい。とにかく思いつきに従う。

考えられるだけ考え、頭の中の回転数をガンガンあげてオーバーヒート寸前までアクセルを踏み込む。
限界だと思ったときにアクセルを緩めると不思議とインスピレーションがわいてくる。その時の感覚は体験した人しかわからない非常に心地良いものである。是非試してみてね。

目の前の業務をただこなすというのも大切な事だけどイノベーションは起こせない。自分達が何処に向かうのかを明確にし共有し突き進む。
そのためには絡みついた既成概念を壊す時間と作業に時間をかける必要があるんじゃないかな。
1人では何が既成概念かすら見えない。当たり前という決めつけを見つけるところからはじめましょう!